雨漏りによる被害を抑えて快適な生活を送る
梅雨時期に発生する雨漏りの原因と症状を知る
雨漏り調査の種類と夏型結露の症状を知ろう
雨漏りの被害によって変動する費用と対処方法

快適な暮らしを送るために雨漏り修理は早めに行ないましょう。

梅雨時期に見られる雨漏りの原因

湿気や湿度が高くなる雨季ですが、季節の中でも梅雨に雨漏りが起きやすい理由をここでは説明していきます。

5つの箇所に気を付けて

屋根材が割れる
雨をダイレクトに受ける屋根材は、劣化しやすい箇所でもあります。同じ場所に水が入り続けることで水の通り道をつくってしまい、一次防水を越えて室内にまで雨水が侵入してしまうこともあります。脆くなった屋根材は小さな衝撃でも割れてしまう可能性があるため、注意が必要です。
谷や棟の経年劣化
屋根と壁がぶつかる場所は屋根の急所であり、雨漏りしやすい箇所でもあります。施工時に雨漏りを防ぐ対策がされていますが、経年劣化や施工不良によって雨水が侵入してしまうこともあるのです。雨漏りしてしまった際には真っ先に確認する部分でもあります。
縁切り不足
ストレート屋根で行なわれる塗装工事では縁切りが行なわれますが、縁切り不足だと屋根材と屋根材との間や重なった部分に塗料が埋まってしまいます。埋まったままにしておくと屋根材の内側に侵入した雨水が逃げ場をなくして雨漏りに繋がります。
雨どいの詰まり
周辺に大きな木や公園、林などがある住まいに起こりがちな雨どいの詰まりですが、詰まるだけではなく植物が生えてしまう場合もあります。詰まった状態のまま放置すると壁が汚れたり、屋根の形状によっては水が逆流して雨水が継ぎ目から入り込んでしまったりする可能性もあります。
天窓からの雨水侵入
天窓がある家は見栄えが良いですが、天窓は雨漏りをしてしまう箇所の1つでもあります。雨漏りする原因としては、パッキン部分が劣化したり防水シートの劣化によって雨水が入り込んだりすることです。突起物でもあるため、雨漏りの危険性は他よりも高くなってしまいます。

梅雨を活かした雨漏り点検も可能

晴れた日ではなく、梅雨時期に雨漏り点検を行なう理由をここで紹介していきます。

雨を利用すると雨漏りの状況を確認できる

雨漏り修理をする際に必ず点検を行ないますが、点検方法の1つとして散水調査があります。散水調査は雨漏りを再現するためにホースを使って屋根や外壁に水を撒く調査方法になりますが、雨季だと散水をしなくても雨漏りの症状を確認することができます。それによって屋根裏にある野地板から水が染み出ている状況を確認することで雨漏り対策の方向性を決められるようになるのです。梅雨時期を選ぶことによって、人工的に雨を降らさなくても点検を行なえるようになります。

TOPボタン